[戻る]




(2006年08月15日)




第五十八回
諏訪湖祭湖上花火大会

パパさんと、パパさんのお母さんと弟さんとσ(^_^)ワタシの4人で
諏訪湖の花火大会を、見てきました。
今回は、息子二人は、参加出来ませんでしたが、
昨年アキレス腱を、切て参加出来なかった
パパさんの弟さんも、参加湖上花火なので
会場に、行かなくても付近一帯で、見れるので
対岸近くの市民に、開放されている
諏訪湖ハイツおかや総合福祉センター
駐車場を借り、その建物の前の河原で、4人で楽しく
夕涼みがてらおかや総合福祉センターの庭に、隣接の
足湯に浸かたり、夕食には持参の骨付きラム肉のバーベキュー
やキンキンに冷やしたビールで、(*^_^*)/▽☆▽\(*^_^*)
しながら、楽しんできました。

↓にも新聞のコメントを、載せましたが
今回の被害に、有った方々に、深い哀悼を、
申し上げます。
又、今回は、お写真が余りに多いので、100×66ピクセルに縮小して
UPして見ました。



参照

【特大花火に勇気百倍】
  第五十八回諏訪湖祭湖上花火大会は、十五日夜、
長野県諏訪市の諏訪湖畔で開かれた。
7月の豪雨で多数の死者を出す土石流災害や浸水
に見舞われた湖周辺地区の復興も願い、
主催者推計四十八万人が華麗な光と音の
の競演を楽しんだ。
大会は災害の犠牲者を悼み、
浸水を見舞う場内アナウンスで、スタート
花火の打ち上げ費用に充てる企業などの協賛金は、
過去最高の六千九百万円となる四万1千発の花火が、
二時間にわたり湖面を彩った。
  華麗なスターマインなどに加え、
直径三尺(約九十a)、重さ二百五十`の大型花火
「三尺玉」が二十三年ぶりに登場。
ごう音を上げてさく裂すると、差し渡し六百五十bの
大輪が咲き、喝采(かっさい)を浴びた。
  湖上花火大会は一九四九年、
戦後復興を期して始まり、全国有数の大会に育った。
 (中日新聞2006年08月16日付けより)











宜しかったら、御意見等、足跡ペッタン如何です?
うたかたデジカメ専用BBSへ



前のページに、戻る| ジオHPへ(メイン) | 桜吹雪のHPへ | CGI掲示板 | サブの掲示板 |