彼岸花(曼珠沙華)2

   



☆ひがんばな☆


【2002年 9月26日(木曜日)】
埼玉県の高麗の巾着田に、彼岸花を見に行って来ました。(*^_^*)
昨年に続いて緋色の絨毯で、素敵でしたよ♪
今年は、急遽なので、道も混むのでゲンチャリ(原動機付き自転車)で
行って来ました。




朝お友達を、誘って出かけようと、思ったら昨日良い天気なので、
他の方と行ってしまったとの事で、色々情報を、聞いて
巾着田のそばの高麗豆腐が、
( ̄¬ ̄)美味しいお豆腐や、湯葉を、売って居るとの事で
混んだ道をかいくぐりながらやっと、お店に付きました
(^◇^;)げっなんか、一杯乗ってるバイクも写っちゃった~(=^‥^A アセアセ・・・  
お兄ちゃんのお下がりだから、黒いのよ、ヘルメットは、赤よ〜♪







黒い湯葉とゴマ豆腐




あいあい橋方面から、巾着田に、入りました。




彩の国さいたま景観賞1996
あいあい橋
この一帯は、高麗川が蛇行をしてできた巾着
(布などで作る小さな袋)のような田園地帯で
あり、「巾着田」の愛称で人々にしたしまれてい
ます。
 「あいあい橋」は、市民憲章に唱われている
「いこいある緑と清流を愛します」の”あい”
と「笑顔あるふれあいの輪を広げます」の
”あい”に由来し、市政の基本理念である「ふ
れあい清流文化都市−日高」の実現を願って
命名されました。
 主部材に熊本県産の小国杉を使用し、この風
光明媚な景観を損なわないように配慮された
木製トラス橋となっています。
「あいあい橋」には、この貴重な自然と訪れ
る皆様方との橋渡し役となるよう思いが込めら
れています。
  平成8年8月    日 高 市














橋の上から見たら〜♪







一寸小高い橋から降り立ちさあ キョロ (・_・ ) ( ・_・)キョロ









白いわんちゃんも遊びに、来て居たわ大きい  他のお花も綺麗ね



紫式部って、言うんですって何かロマンチックな、名前ね(*^m^*) フフフ♪






ヒガンバナ(曼珠沙華)群生地
巾着田のしゅうへんの高麗川の岸辺は、ヒガンバナの群生地
であり、その規模は長さ役600m幅約50mにもわ
たり、全国的にも最大級のものといわれています。

 群生した成因の定説はありませんが、種を付けず球
根で増える性質のものであるため、一般的にかわらにあ
るヒガンバナは、上流から流されてきた球根が自生
して群落をなすといわれています。また畔道に植えら
れたものが、洪水のたびに流出して現在の群生地をな
したものとも考えられます。
この周辺は秋の彼岸のころになると周囲一面が真紅
な色で染められ、ニセアカシアの林と高麗川の清
流とがあいまって、美しさをいっそう引き立ててくれま
す。そして、冬になると葉が出て光合成がおこなわれ
養分を蓄積し、次の開花にそなえます。
 地方の俗名が多く、50余りの方言がありますが、
「ヒガンバナ」の語源は、秋の彼岸の頃に花が咲くこ
とにより、また「曼珠沙華」は赤花を表す梵語によ
るものです。
              日高市・日高市観光協会



ほんの少しだけ、白い彼岸花           凄い皆で、フラッシュ白いお花も(/-\)ハズカシそう
















道は、混んでいるけど臨時駐車場も沢山有るのよ〜♪





おまけ
あいあい橋のたもとに、鶏さんや、やぎさん、
お馬さんが居ました(∩.∩)v ブイッ











高麗郷民俗資料館
あいあい橋の横に有りました






昨年の彼岸花(曼珠沙華)2001.09.16のページへ


来たページに、戻る| 私のメインホームページへ | 桜吹雪のホームへ | 掲示板へ |